新型コロナ 浜松でさらに変異ウイルス確認(静岡県)

新型コロナ 浜松でさらに変異ウイルス確認(静岡県)

0

県内では3月23日、新たに22人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、浜松市では1人が亡くなりました。また、浜松市では変異ウイルスが相次いで確認されています。

 地域別にみますと、静岡市で9人、浜松市で4人、沼津市や裾野市、函南町で2人、藤枝市と袋井市などでそれぞれ1人となっています。また、浜松市では1人の死亡が確認されました。
 浜松市が23日に発表した新規感染者4人のうち1人が、放課後児童会クラスター関連の市職員の30代女性で、児童か職員の家族だということです。また、国立感染症研究所でのゲノム解析の結果、このクラスターの感染者のうちさらに5人がイギリス型変異ウイルスへの感染だったことがわかりました。このクラスターをめぐっては、感染者はあわせて33人になり、このうちイギリス型変異ウイルスへの感染と確認されたのは15人でした。そのほか、市の保健環境研究所の解析でさらに12人が何型か不明ですが変異ウイルスへの感染と確認されています。
<県地域医療課 永井しづか技監>「英国の変異株は、従来のウイルスの核に比べると感染力が少し強いと聞いている。感染症の対策としては、これまでお話ししていますように3密を避けるとか、会話の時にマスクを着用する、手洗いや換気など基本的な対策をすることに尽きると思いますので」

#オレンジ6 3月23日放送

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事