徹底管理、過激対応も 収束アピールの中国 【新型コロナウイルス】

徹底管理、過激対応も 収束アピールの中国 【新型コロナウイルス】

0

新型コロナウイルスについて、WHO(世界保健機関)が緊急事態を宣言してから、30日で1年となる。

感染拡大をいち早く抑え込んだとアピールしてきた中国だが、1月に入って新規感染者が2,000人を超え、感染が再拡大している。

北京オリンピックや共産党創立100年などの重要行事を控え、封じ込めが続く現状を取材した。

北京市内にあるショッピングモール。
入り口にあるQRコードをスマホでスキャンし、緑色で「異常なし」という文字が出れば中に入ることができる。

一方、赤で「集中観察」と表示されれば、感染の疑いがあるとして隔離の対象となる。

これは、「健康コード」と呼ばれるもの。
スマホの位置情報などを利用し、感染リスクの高い地域に行ったことがあるかなど、隔離が必要な状態にあるかどうかを示すアプリ。

中国で9億人以上がこのアプリを利用しているとされ、「健康コード」なしでは、どこにも行けないと言われている。

「行動監視」との批判がある一方、市民は、一定の理解を示している。

北京市民「面倒なときもあるが、感染対策のためなので」

強権的な対策で感染拡大を抑え込んできたが、中国では1月に入り、2,000人以上の感染者が報告されている。

北京に隣接する河北省の石家荘市では、全市民およそ1,000万人に対するPCR検査が行われ、封鎖措置がとられた。

そして、こんな過激な対応も。

男性「こんな時期なのに、まだ勝手に出掛けているのか。しっかり縛れ!」

外出禁止の規則を破った男性が、木に縛りつけられているとするもの。

また、28日から始まった延べ17億人の移動が想定される春節(旧正月)の帰省ラッシュを前に、北京では変異ウイルスが確認されるなど、不安の声も聞かれる。

北京市民「(感染拡大を)心配している。とても怖い」

3月に国会にあたる全人代、7月には共産党創立100年、さらに2022年は北京オリンピックなどの重要行事を控える中国。

感染拡大の影響から、いち早く経済が回復したとアピールする習近平政権は、威信をかけ、再拡大を封じ込める方針。

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事