ブラジル由来か・・・新型コロナ“新たな変異種”確認(2021年1月11日)

ブラジル由来か・・・新型コロナ“新たな変異種”確認(2021年1月11日)

0

今月2日にブラジルから羽田空港に到着した男女4人から、新型コロナウイルスの新たな変異種が見つかり、懸念が広がっています。これまで、国内で確認されていたイギリス変異種と南アフリカ変異種は、ともに変異によって感染力が強まったと指摘されています。そこに新たに加わった“ブラジル変異種”。4人のうち、1人は呼吸状態が悪化して入院。2人が頭痛や発熱などの症状を訴えているといいます。

検体を解析した国立感染症研究所は、イギリス型、南アフリカ型の2つに見られたのと同じ“感染力を強める可能性がある変異”が確認されていることを明らかにしています。ただ、現時点では、感染力やワクチンへの影響などについて「判断できない」としています。

感染した4人は、ブラジル北西部のアマゾナス州に滞在していたことがわかっています。変異種との関連は不明ですが、アマゾナス州では、感染状況が急激に悪化。特に深刻なのが州都・マナウスです。現地メディアによりますと、先月1カ月の入院者数を、今年に入って9日間で上回ったといいます。年明け早々、州全体に出されていた非常事態宣言の180日間の延長が決まっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コロナウイルスカテゴリの最新記事