[新型コロナウイルス] クリスマスの町 コロナで一変 “流通の6割製造”

[新型コロナウイルス] クリスマスの町 コロナで一変 “流通の6割製造”

サンタクロースの人形やツリーなど、クリスマスグッズを世界に出荷している中国の町がある。
別名「クリスマスの町」が、新型コロナウイルスの影響で一変している。

中国・浙江省の義烏市。
世界で流通するクリスマスグッズの6割が製造されていると言われている。

ここは、クリスマスグッズや日用雑貨を扱う世界最大級の卸売市場で、例年は、世界中から1日20万人以上のバイヤーが訪れる。

しかし、感染拡大による渡航制限などで、その様子は一変した。

ツリー販売店「日本や、いろんな国に売っています。クリスマスは全世界にあるから。売り上げは3分の1くらい。ことしは外国人バイヤーがみんな来られないから」

人形販売店「クリスマスは外国の記念日なので、国内向けの売り上げは少ない。(客は)話にならないほど少ない」

中国国内の景気は回復しつつあるが、中国の文化を重視する政府の意向もあって、クリスマスの行事は定着していない。

シャッターを下ろす店も目立つ中、取り扱う商品を変えた店まで…。

世界の感染拡大に歯止めがかからない中、迎える2020年のクリスマス。

この町に活気が戻るのは、まだ先になるとみられる。

(2020/12/08)
#中国 #新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事