[新型コロナウイルス] 東京 ギリギリの病床調整 軽症“後回し”に

[新型コロナウイルス] 東京 ギリギリの病床調整 軽症“後回し”に

新型コロナウイルスが急速に感染拡大している東京都で、感染者の受け入れ調整がすぐに行えない事態が起きていることがわかった。

都内では、感染者の入院先が決まらず、保健所が都に受け入れの調整を依頼する件数が増加している。

関係者によると、病床数が逼迫(ひっぱく)してきたため、ここ数日間は症状が重い患者を優先して、軽い症状の患者は「きょうは調整断念せざるを得ない」として保健所に通告し、ぎりぎりで調整が行われているという。

また、新型コロナ以外の理由で集中治療室(ICU)に入院する患者を別の病院に転院してもらい、新型コロナの重症患者を受け入れる事態も起きている。

都の関係者は、「新規感染者を抑制できないと重症者を救えなくなる」と危機感を募らせている。

(2020/11/23)

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

東京カテゴリの最新記事