新型肺炎 中国で1万人超感染 259人死亡 米“緊急事態”を宣言

新型肺炎 中国で1万人超感染 259人死亡 米“緊急事態”を宣言

「新型コロナウイルス」の中国本土での感染者数が、1万人を大きく超え、死者の数もおよそ260人にのぼっている。

中国政府が1日朝に発表した中国本土の感染者数は、前の日から2,000人以上増え、1万1,791人となった。

死者の数は259人となっている。

さらに、スペインやスウェーデンでも初めて感染者が確認されたほか、韓国では、日本から入国した中国人男性の感染が確認された。

この男性は、日本国内で別の感染者と接触していたという。

こうした中、アメリカ政府は「公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

多数の死者が出ている中国・湖北省を訪問した外国人は、例外を除いて、日本時間3日午前7時以降、アメリカへの入国が禁じられる。

アメリカ人の場合は、最長で2週間隔離される。

このような隔離措置をアメリカ政府がとるのは、およそ50年ぶりだという。

(2020/02/01)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型肺炎カテゴリの最新記事