新型肺炎 国内初の死者 神奈川80代女性 渡航歴なし

新型肺炎 国内初の死者 神奈川80代女性 渡航歴なし

新型肺炎問題で、国内で初めての死者が出ました。
厚生労働省は新型コロナウイルスに感染した神奈川県在住の80代の日本人女性が死亡したと発表しました。
死亡した女性は先月22日に倦怠感を認め、28日に医療機関を受診しました。今月1日に肺炎と診断されて入院したあと6日ごろから呼吸状態が悪化し、きのう午後、死亡しました。
女性に持病があったとの情報はありません。
関係者によりますと女性は、きのう感染が確認された東京都に住む、70代のタクシー運転手の義理の母親で、運転手の1週間前に発症していました。
女性が感染に至った経路は明らかになっていませんが最近の海外渡航歴がないことから国内で感染した可能性があります。

新型肺炎カテゴリの最新記事