ペット同伴可能な施設を開設 新型コロナ感染者の療養に

ペット同伴可能な施設を開設 新型コロナ感染者の療養に

東京都は9日、新型コロナウイルスの軽症者らがペット同伴で滞在できる宿泊療養施設を「船の科学館」(品川区)の敷地内に開設した。日本財団が新型コロナの臨時療養施設として整備した仮設住宅計140室を活用し、室内飼育が可能な犬、猫、うさぎ、ハムスターの計4種類が同伴可能だという。台風14号の影響をふまえ、運営開始は12日以降になる見込みだ。
 都は新型コロナに感染した軽症者や無症状の人にホテルなどの宿泊療養施設に滞在することを要請しているが、ペットの預かり先が見つからず、自宅療養を選ぶ事例が報告されてきた。都では「軽症者らの宿泊療養施設の利用を促進したい」としている。

コロナウイルス感染者カテゴリの最新記事