新型肺炎 クルーズ船で新たな感染者確認か 全員の検体検査も検討

新型肺炎 クルーズ船で新たな感染者確認か 全員の検体検査も検討

新型コロナウイルスの集団感染が確認され、足止めを余儀なくされているクルーズ船について、加藤勝信厚労相は9日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、乗客乗員全員に検体検査を検討していくと述べた。

加藤厚労相は、「チャーター便で来られた方、皆さん方は最終的にもう1回PCR検査をしていただいて、陰性が確認して出ていただくというプロセスを考えている。したがって、(クルーズ船でも)そういうことも当然考えていかなくてはいけないと思いますが、ただ先ほど申し上げた人数が3,700人という大きな規模になるので、そこはできる状況をまず見極めながら、対応を考えていく」と述べ、19日にも上陸するおよそ3,700人に対して、状況を見極めながら乗客乗員全員に対して、検体を採取して検査を行うことを検討していくと述べた。

9日朝、神奈川・横浜港に接岸した「ダイヤモンド・プリンセス」では、午後になると救急車の出入りが慌ただしくなったが、船内のアナウンスによると、乗客の中から、新たに数人の感染が確認されたほか、体調が悪くなった人が病院に搬送されたという。

一方、中国の衛生当局は9日朝、新型コロナウイルスによる中国本土の死者が8日から89人増え、811人になったと発表した。

2002年から2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の世界全体の死者数は774人で、これを上回ったことになる。

また、感染者は2,656人増え、3万7,198人になった。

(2020/02/09)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型肺炎カテゴリの最新記事