新型肺炎が日本-中国便を直撃 春節なのに予約激減(20/01/30)

新型肺炎が日本-中国便を直撃 春節なのに予約激減(20/01/30)

中国発日本行きの路線の予約が去年の半分になりました。

 ANAホールディングスは新型肺炎の影響で、2月の中国発日本行きの路線の予約数が去年の同じ時期に比べてほぼ半減していると発表しました。また、日本発中国行きの予約数も2月は4割程度の減少を見込んでいるということです。ただ、国際線全体の売り上げのなかで中国発着の路線が占める割合は1割で、全日空関係者は「大きな影響はない」としています。武漢と成田を結ぶ定期便以外の中国路線の欠航は「現時点で決めていない」ということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新型肺炎カテゴリの最新記事