広島で行われた記者会見における新型コロナウイルス感染症に関する安倍総理からのメッセージ

広島で行われた記者会見における新型コロナウイルス感染症に関する安倍総理からのメッセージ

新型コロナウイルス感染症については、全国的に新規感染者の数が増加をし、その人数だけを見れば、4月の緊急事態宣言の時を超えている状況でありますが、現状は、その時の状況とは大きく異なっておりますので、その点も御説明させていただきたいと思います。
まず重症者数は、4月末の328人から足元では104名に、そしてまた、お亡くなりになられた方々、死亡者数も5月には460名の方がお亡くなりになっていたのでありますが先月には37名と、それぞれ大幅に抑えられているということであります。この背景には、比較的症状の軽い若者の感染者数が多いことに加えまして、これまでの知見の蓄積を踏まえて、治療の選択肢の幅が拡大していることもあります。
治療薬も、レムデシビルやデカドロンといった既に薬事承認を受けた薬に加えまして、アビガン、オルベスコ、フサンといった研究・治験の段階にあるものについても、それぞれの特性に応じて医療現場では様々な治療法が用いられています。
感染者として特定される方の数が増加している背景には、検査体制が大幅に拡充されてきたことも大きいと考えています。PCR検査能力は最近では1日5万件まで大幅に向上をしています。また、無症状の濃厚接触者等に対しては、検査を拡充することにより、4月には約7,000件であった実施件数も、最近では約2万件の水準になっています。
感染者数が増加することで最も注意しなければならないのは、医療提供体制の状況であります。この点、地方自治体の御努力もあって、その整備も進んできているところでございます。病床数については、現在は2万床を超える水準を確保しておりまして、最も重要な重症者用は、全国で約100名の患者さんに対し2,500床を超える病床が確保されています。
医療や療養の期間も、緊急事態宣言前と比べますと大幅に短縮できています。例えば、東京都の状況で見ますと、入院期間は平均3週間程度であったものが今、1週間程度まで短縮しています。
このような状況を踏まえると、ただちに緊急事態宣言を出すような状況ではありませんが、政府としては引き続き高い緊張感の下、状況を注視をしていくとともに、地方自治体とも緊密に連携をしながら、自治体ごとに状況が異なります、しっかりと支援すべきは支援しながら、連携しながら医療提供体制がひっ迫しないように、きめ細かく対策を講じていく方針であります。
まずは検査体制を更に強化をし、陽性者の早期発見、早期治療を進めていきます。特に、重症化するリスクが高い高齢者の方々や、基礎疾患のある方々への感染防止に万全を期していくため、病院や高齢者施設での検査を徹底します。
また病床や宿泊施設の確保を進めるとともに、専門家とも相談をしながら、これまでの医学的知見も踏まえて、入院や療養の必要な方々について、より明確な形でお示しできるように検討を進めていきます。
さらに今、この瞬間も、現場の医療機関では医療従事者の皆さんが懸命に治療に当たっていただいております。改めて、心から感謝申し上げたいと思います。
そして政府としても、医療機関の現状を十分に踏まえつつ、最大限の支援を行っていきます。国として、治療薬やワクチンの開発と確保にも努め、感染拡大をできるだけ抑えながら、社会経済活動との両立をしっかりと図っていきたいと考えています。
「Go To トラベル」についても、ガイドラインの徹底など、観光事業者と旅行者の双方に感染拡大防止策を実施をしていただきながら、Withコロナの時代の安全で安心な、新しい旅のスタイルを普及・定着させていきたいと考えています。
間もなくお盆シーズンを迎えます。国民の皆様におかれましては、帰省に際し、3密を避ける、あるいは大声で話さないといった、基本的な感染防止策を徹底するようにお願いをしたいと思います。特に、大人数の会食など、感染リスクが高い状況を控えるなど、高齢者等への感染に繋がらないように、十分に注意をしていただくようにお願いを申し上げたいと思います。
大変難しいかじ取りではありますが、再び緊急事態宣言を出す事態とならないように、国民の健康と命、暮らしと雇用を守り抜いていくために、今後も必要な対応を速やかに講じてまいります。

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事