新型コロナ分科会(2020年7月31日)

新型コロナ分科会(2020年7月31日)

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会はきょう、
自治体が感染状況を判断するための目安を示しました。

具体的には感染者が出ているものの医療体制に支障がない「感染ゼロ散発段階」。
感染状況を分類して感染者がだんだん増えて医療体制に負荷が蓄積している「感染漸増段階」。
感染者が急速に増加し医療体制に支障が出る「感染急増段階」。
爆発的な感染拡大が起き医療体制に深刻な機能不全が起きる「感染爆発段階」です。

「感染爆発段階」に上がる予兆があれば、
緊急事態宣言などを検討するべきだとしています。
レベルを判別する基準としては、重症者向け病床のひっ迫状況などを挙げましたが、
具体的な数値については今後検討するとしています。

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事