新型コロナ感染後の免疫 国内初の大規模調査へ(20/07/29)

新型コロナ感染後の免疫 国内初の大規模調査へ(20/07/29)

新型コロナウイルスに感染し、その後、回復した人を対象に免疫がどれくらい持続するかなどを調べる国内初の大規模な調査が始まります。4月に感染が確認されたフリーアナウンサーの赤江珠緒さんも参加します。

 共同研究者:「今、検体に模したものを分注していく作業となります」
 横浜市立大学によりますと、調査の対象は20歳以上の感染者で300人から400人の参加を目指します。回復した後、約半年後と1年後に血液の中の抗体を調べ、新たな感染を防ぐ「中和抗体」と呼ばれる抗体があるのか、さらにどのくらいの期間持続するのかも調べます。
 横浜市立大学・山中竹春教授:「普段見ている抗体が中和抗体を意味しているのかが明らかになるだろうと」
 調査に協力する赤江珠緒さん:「病の輪郭が少しでも明らかになれば、自分自身の経験がお役に立てることがあればと思い、協力を決めた」
 感染した人の免疫を大規模に調べるのは国内で初めてです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事