新型コロナウイルス 大阪府で過去最多121人感染確認(2020年7月22日)

新型コロナウイルス 大阪府で過去最多121人感染確認(2020年7月22日)

大阪府は7月22日、新たに121人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

 大阪府は22日、過去最多となる121人の感染を発表しました。このうち85人が感染経路がわかっておらず、年代別では10代から30代が全体の66%を占めています。

 一方、兵庫県でも緊急事態宣言の解除後最多となる30人の感染が発表されました。神戸市によりますと、市内の保育園では22日までに職員と園児合わせて5人の感染が確認されました。市は感染者集団=クラスターが発生していると判断しています。

 また、滋賀県でも緊急事態宣言解除後、最多となる11人の感染が確認されました。県によりますと、甲賀市の専門学校では22日までに野球部に所属する10代から20代の男子学生合わせて11人の感染が確認され、県では「クラスターが発生している」としています。

 このほか京都府で19人、奈良県で8人、和歌山県で4人、近畿では22日これまでに合わせて193人の感染が確認されています。

#新型コロナウイルス #大阪府 #感染者

大阪カテゴリの最新記事