世界の感染者数過去最多 米の現状は? 日本人医師警鐘

世界の感染者数過去最多 米の現状は? 日本人医師警鐘

世界全体の感染者の数は、2日連続で過去最多となった。

WHO(世界保健機関)によると、18日の世界の新規感染者数は、これまでで最も多いおよそ26万人だった。

これで、2日連続で過去最多となり、感染は世界規模でも広がり続けている。

こうした中、経済の再開後に感染者が急増し、アメリカでの感染拡大の中心の1つとなっているテキサス州で診察にあたる日本人医師が、医療現場の現状を明かした。

ベイラー医科大テキサス小児病院・池田早希医師「わたしの病院では、新型コロナウイルスの病棟は満床になっている。患者数が増えていることにより、看護師も医師も足りなくなっている。3月、4月は高齢者の入院が主だったが、ここ1、2カ月くらいは、20代・30代の患者が増えている」

また、家庭内で、若い人から重症化リスクの高い高齢者へと感染し、入院に至るケースも出ているという。

ベイラー医科大テキサス小児病院・池田医師は、感染が再び拡大している日本に、「(感染は)一気に増える。テキサスのような状態にならないように、今の時点で気を引き締めて、感染対策を徹底することが日本の皆さまには必要」と呼びかけた。

(2020/07/19)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事