東京都新たに290人感染 “Go Toトラベル”めぐり混乱も

東京都新たに290人感染 “Go Toトラベル”めぐり混乱も

新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京では、18日も新たに290人の感染が確認され、高い水準で推移している。

一方、補助対象の基準が二転三転している「Go Toトラベル」の影響で、旅行関連の業界では混乱が続いている。

東京都で18日、新たに確認された感染者は、関係者によると、290人。

17日の293人を3人下回ったが、3日続けて280人以上となるなど、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。

西村経済再生担当相は18日、「非常に高い水準で推移しているので、非常に危機感を強めている。感染者が増えれば、入院される方も増えるので、医療提供体制をしっかりしないといけない」と述べた。

入院している東京都の感染者は、17日の時点で、前の日から76人増え、836人となっていて、今後も同じペースで増え続けると、7月下旬には、確保しているという1,500床がすべて埋まってしまう計算となる。

感染拡大が続く中、政府の支援策「Go Toトラベル」の対象から除外された東京都。

都内の旅行会社には、18日も予約のキャンセルが相次いでいるという。

東京都旅行業協会・村山吉三郎会長「4件の申し込みがあって、全部キャンセル。うちの会社も4〜5月まで閉めていて、いざという時に、(東京が)除外ということで、今は考えられない状況」

18日未明に報道各社に送られた、観光庁のプレスリリース。

「Go Toトラベル」事業における団体旅行の取り扱いについてのもので、若者や重症化しやすい高齢者などの団体旅行などは、できるだけ控えていただきたいと書かれているが、基準となる具体的な年齢や人数については示されていない。

東京都旅行業協会・村山会長「(旅行会社に)丸投げされても線引きが難しい。何歳から高齢者だとか、何歳までが若者なのかと。われわれもちょっと疑問符。どうして受けていいのか」

東京の観光地、浅草にある着物レンタル店「大吉」。

2019年の今ごろは、1日100人くらいの予約があったというが、18日はわずか4人。

「Go Toトラベル」には、大きな期待をしていたという。

着物レンタル店「大吉」・大友雄介店長「これを起爆剤に、観光地にお客さまが戻っていただけることを願って、かなり前から準備を進めてきていた。かなりショックを受けている。2桁ぐらいの組数のキャンセルが出た」

上野のアメ横商店街では、鮮魚店店長から「人が減ってきて、全然いない。(『Go Toトラベル』で)東京だけダメって、自分たちの生活もできなくなるし、それもわかってやっているのかなと。本当に手厚くしてほしいですね、手当を」という声が聞かれた。

東京都民の旅行と、ほかの道府県から都内への旅行が対象外となった「Go Toトラベル」は、4日後の22日からスタートし、当面は旅行代金の35%が支援される。

(2020/07/18)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

東京カテゴリの最新記事