新型肺炎 中国以外で初の死者確認 武漢にはゲートが…子ども通れず

新型肺炎 中国以外で初の死者確認 武漢にはゲートが…子ども通れず

感染拡大が続く新型コロナウイルスだが、中国本土での感染者がこれまでに1万4,380人となり、死者は300人を超えた。

そして、ついに中国以外で初めて死者が確認された。

2日、フィリピンの保健当局が行った緊急記者会見。

フィリピン保健当局「亡くなる数日前は容体も安定し、回復へ向かっていた。しかし、亡くなった日に容体が急変した」

新型コロナウイルスに感染した44歳の中国人男性が、1日に死亡したと発表した。

男性は、1月21日に武漢から香港を経由して入国し、友人の女性とリゾート地・セブ島などを訪問。

肺炎で入院し、一時は回復に向かっていたそうだが、容体が急変したという。

友人の女性も、フィリピン国内で感染が確認されている。

中国以外でも初めて死者が確認されるなど、感染拡大が続く新型コロナウイルス。

死者は、あわせて305人に。

中国本土の感染者は、前の日よりも2,500人以上増え、1万4,380人になった。

湖北省とつながる道路にはゲートが設けられ、許可を取った人しか通れなくなっている。

女性「この子は両親と別に帰省していて、戻らないといけない。わたしたち大人は行かない」

この家族は、春節で帰省した孫を両親の元に戻したいと言いますが…。

警察官「今出るべきではない。出るのはだめだ。出るのは危険だ。説明しているのにどうしてわからないんだ」

日本では、1日までに20人の感染が確認されている。

そのうち8人は、武漢からチャーター機で帰国した人たちで、新たに確認された1人は…。

厚労省担当者「陰性と報告のあった1人について、追加検査を実施したところ、陽性との報告がありました」

1月29日の第1便で帰国した40代の男性で、発熱などの症状があり入院したが、当初は、感染は確認されなかった。

しかし、医療機関でウイルス性肺炎の可能性が高いと判断され、再検査したところ、「陽性」と判明。

感染症にくわしい専門家は。

感染対策コンサルタント・高橋央医師「インフルエンザでも、初回が陰性で、翌日調べたら陽性になることもよくあるし、同じ検体でも、2度3度やったら陽性になったということもありえる。想定外ではない」

男性は、1回目の検査では喉の粘膜を採取したのに対し、2回目は、たんを調べた。

最初の検査で陰性となった理由について。

感染対策コンサルタント・高橋央医師「ウイルスはいたが、検査する検体量は少量なので、その中にはウイルスの遺伝子は、あいにく入っていなかった。たんがとれるのであれば、たんを検査するのが効率的かもしれない」

今も湖北省には、およそ140人の帰国希望者がいる。

チャーター機の第4便は、今週半ば以降となる見通しで、中国籍の配偶者の出国についても、中国側と調整しているという。

(2020/02/02)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型肺炎カテゴリの最新記事