過去最多 東京で224人感染 東京由来? お隣でも感染急増

過去最多 東京で224人感染 東京由来? お隣でも感染急増

9日、東京都で新たに確認された衝撃の感染者数「224人」。

1日の感染者としては、これまでで最も多い数字。

街では、「え!? また増えてるじゃん」、「え~そんなに! また緊急事態とかになってしまいそう」、「驚きましたね。それだけみんな緩んできているというか、疲れちゃったのか」などの声が聞かれた。

都内で新規感染者が200人を超えたのは、緊急事態宣言中の4月17日以来。

警戒される第2波が、ついに現実のものとなるのか。

東京都の小池知事は、9日午後4時30分から対策本部を開き、対応を協議している。

小池知事「本日の新規陽性者数ですけれども、これまでの最大の224人となりました。年代別にいたしますと、20代、30代が75%を占めております」

都内の感染者の数は、7月2日から連日100人を超え、8日、1週間ぶりに100人を下回った。

しかし、7日に行われたPCR検査の件数が、これまでで最も多い3,000件を超えていたことから、小池知事も、9日の感染者は“かなり多くなる”との見通しを示していた。

都が行った9日のモニタリング会議では、専門家の分析として、「先週に比べて40代、50代が増加している。感染経路は接待をともなう飲食店などだけでなく、同居、職場、会食など多岐にわたっている」などの報告があり、また、高齢者への感染拡大に注意が必要としている。

東京の感染拡大には、隣接する自治体も神経をとがらせている。

東京由来を警戒してきたあの県は…。

9日、224人の感染が判明した東京都。

その東京と隣接する埼玉県にも“衝撃”が走っている。

埼玉・大野知事「埼玉と東京の密接な人の往来を鑑みれば、東京がここまで増えたというのは極めて憂慮するべき状況であるし、埼玉としても無関係とはもちろん言えない。大変心配して見ています」

その大野知事が、これまで感染者急増の原因の1つとして、度々、口にしていたのが「新規陽性者のうち、東京由来と疑われる方が多くを占めている」という言葉。

埼玉県内で感染者が増え始めてから、“東京由来”の感染が半分を占めるとして、大野知事は、都内の繁華街への外出を避けるよう呼びかけてきた。

都民に話を聞くと、「すごく東京が悪いような言葉なので、元々どこから来た菌なのかわからないので」、「埼玉って東京のベッドタウン的なところがあるし、われわれのせいであっちの数字も増えちゃったのかなと思うと申し訳ない」などの声が聞かれた。

一方で、「同じ職場に埼玉から来ている人もいるので、持ってきてほしくない」という声も聞かれた。

実はその埼玉県でも、感染者が急増。

埼玉県では8日、緊急事態宣言の解除後、最多となる48人の感染を確認。

このうち10人は、JR大宮駅近くの繁華街にあるホストクラブの従業員だった。

さいたま市は、ホストクラブでクラスターが発生したと発表。

この繁華街では、別の飲食店でもクラスターが発生していて、市は、この繁華街にあるホストクラブやキャバクラの全従業員を対象に、PCR検査を行うことを決めたばかり。

首都圏で広がりつつある感染をどう食い止めるのか。

コロナ対策は、大きな正念場を迎えている。

(2020/07/09)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

東京カテゴリの最新記事