【LIVE】国内で新たに2人が新型肺炎感染で厚労省会見 武漢に渡航歴なしの日本人バス運転手

【LIVE】国内で新たに2人が新型肺炎感染で厚労省会見 武漢に渡航歴なしの日本人バス運転手

厚生労働省は国内で新たに2人が新型コロナウイルスの肺炎に感染したと発表した。
1人は奈良県に住む60代の男性で中国・武漢からのツアー客と接触があったバスの運転手だということだ。

厚労省によると、新たに感染が確認されたのは2人で、このうち1人は奈良県の60代の男性で、武漢市への渡航歴はなく、東京で武漢からのツアー客をバスの運転手として乗せていたということだ。
男性は、14日に悪寒や咳、関節痛があり、17日に病院を受診したものの異常がなく経過観察、その後、25日に再度受診し、奈良県内の病院に入院したということだ。
また、もう1人は、武漢市から来日した40代の男性で、国内での感染はこれで6例目になる。
午後7時から厚生労働省が会見を行い、詳細を明らかにする。

関連:【速報】武漢 渡航歴ない人 感染確認 日本国内で初
https://www.fnn.jp/posts/00431118CX/202001281755_CX_CX
※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型肺炎カテゴリの最新記事