感染者が症状をスマホ入力 新型コロナ情報共有システムが運用開始

感染者が症状をスマホ入力 新型コロナ情報共有システムが運用開始

新型コロナウイルスの感染者が自らスマートフォンなどで症状を入力し、それを国が一元管理する新たなシステムの運用が始まった。

新しいシステム「HER-SYS」では、感染者が自ら、スマホなどで発熱や息苦しさといった症状を入力する。

この情報は、国が一元管理し、医療機関や保健所でも迅速に患者の状態を把握することができるという。

厚労省健康局・神ノ田昌博健康課長「これまでは、情報共有するにあたり医療機関からFAXで発生届がされてきた。今回のこの『HER-SYS』は、クラウド上にデータベースを構築するので、入力した時点で医療機関・保健所・都道府県・国まで閲覧可能になるので、『伝言ゲーム』のような、非常に非効率な作業からは解放される」

厚生労働省は、6月中旬の導入が見込まれている感染者との「接触確認アプリ」と連携させて、保健所などの業務軽減につなげたいとしている。

(2020/06/03)

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コロナウイルス感染者カテゴリの最新記事