新型肺炎 日本人男性が感染 武漢への渡航歴なし ツアー客と接触したバス運転手

新型肺炎 日本人男性が感染 武漢への渡航歴なし ツアー客と接触したバス運転手

奈良県に住む60代の男性が、新型コロナウイルスの肺炎に感染したことがわかった。この男性は、中国・武漢への渡航歴はなく、武漢からのツアー客と接触があったバスの運転手だという。日本人で感染が確認されたのは初めて。

感染が確認された奈良県に住む60代の日本人男性は、14日に悪寒や咳、関節痛があり、17日に病院を受診したものの異常がなく経過観察、その後、25日に再度受診し、奈良県内の病院に入院したという。

男性は、武漢市への渡航歴はなく、東京で武漢からのツアー客をバスの運転手として乗せていたという。

日本人で感染が確認されたのは初めて。

また、厚労省は、男性とは別に武漢から来日した40代の男性についても、感染が確認されたと発表した。
これで、国内で感染が確認されたのは6例となる。

(2020/01/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新型肺炎カテゴリの最新記事